わたしの初めては大学入学時の高級デリでした

中学、高校と私立の男子校に通っていたわたしは、彼女が出来ることもなく童貞を卒業できないまま高校を卒業しました。
その当時は、童貞でいることがコンプレックスだったので、どうにか早くエッチがしたくてたまらなかったのを覚えています。
小学校の友達などに合コンを開いてもらっても成果はなく途方にくれていたところ、バイトの先輩に紹介されたのが高級デリの東京プラチナムだったのです。

東京プラチナムは、他の風俗と比べるとかなり料金が高いデリヘルです。
もう宝くじが当たった人しかいけないと思えるくらい高級でした。
その先輩曰く、「安い風俗は病気が心配。しかも初めてが最悪な思い出だと一生引きずるかもしれん。初めてを捨てるならお金は惜しくない。」
私はこの言葉にどうしようもなく感化されてしまったのです。

翌日、わたしは小学校から溜め続けていたお年玉貯金15万円をもって東京プラチナムに電話していました。
東京プラチナムの方は本当に優しく、しっかりと話を聞いてくれた上で自分の好みにぴったりのKさんを付けてくれました。
わたしは初めてでしたので比較対象がなかったのですが、とにかくすべてが衝撃的ですべてが最高でした。
あそこまで美人の人とすることが出来たせいでしょうか。
女性と話す際にあまり緊張しなくなりました。
先輩の言う通り多少高いお金を支払っても東京プラチナムを利用してよかったです。


メニュー